エックスサーバーのSSLをオプション独自SSLから無料独自SSLへ変更する方法

この記事では、エックスサーバーのSSLを有料のオプション独自SSLから無料の無料独自SSL(旧名称は標準独自SSL)へ変更する方法を説明します。

なお、オプション独自SSLの更新手続きを行わなければ、契約が自動更新されることはありませんが、契約が切れた場合でも「SSL証明書」が自動的にアンインストールされるわけではなく、期限切れで無効になった「SSL証明書」にひも付けられた状態になるので、注意が必要です。

(2016/12/04)
「標準独自SSL」から「無料独自SSL」への名称変更に伴い、記事を修正しました。

変更手順

オプション独自SSLのアンインストールを行うには、先に対象のオプション独自SSLの解約が必要になります。

オプション独自SSLの解約

  1. エックスサーバーのインフォパネルへログインします。
  2. 画面左側の「解約」をクリックし、独自SSLの「解約」をクリックします。
  3. 解約したい独自SSLの「解約申請」をクリックします。
  4. 内容を確認し、解約申請を行います。

オプション独自SSLのアンインストール

  1. エックスサーバーのインフォパネルへログインします。
  2. 画面左側の「契約情報」をクリックし、「独自SSL契約情報」タブを開きます。
  3. 対象のコモンネームの「アンインストール」をクリックします。

無料独自SSLのインストール

  1. エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。
  2. 「SSL設定」をクリックし、「独自SSL設定」タブを開きます。
  3. 設定するドメインをプルダウンから選択し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

まとめ

この記事では、エックスサーバーのSSLをオプション独自SSLから無料独自SSLへ変更する方法を説明しました。