HTTPS対応のWPをサブディレクトリからサブドメインに変更する方法(4)

wordpress
この記事では、HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の内、「エックスサーバーの.htaccessの変更」について説明します。

なお、サブドメインに変更する理由については、以下の記事をご覧ください。

再考:サブドメインとサブディレクトリ
以前の記事でHTTPS対応を考えると、サブドメインよりもサブディレクトリの方が良いと書きましたが、状況が変わってきました。

手順の全体像

以下の記事と重複しますが、

HTTPS対応のWPをサブディレクトリからサブドメインに変更する方法(1)
この記事では、HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の全体像を説明します。なお、以下の内容は、エックスサーバーにおける手順です。

HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の全体像は、以下のようになります。

  1. WordPressのバックアップ
  2. エックスサーバーのサブドメイン設定
  3. エックスサーバーのSSL設定
  4. WordPressのアドレス変更
  5. WordPressのデータベースの書き換え
  6. エックスサーバーの.htaccessの変更

この記事では、「6. エックスサーバーの.htaccessの変更」について説明します。

「1. WordPressのバックアップ」、「2. エックスサーバーのサブドメイン設定」、「3. エックスサーバーのSSL設定」については、以下の記事をご覧ください。

HTTPS対応のWPをサブディレクトリからサブドメインに変更する方法(2)
HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の内、「WordPressのバックアップ」、「エックスサーバーのサブドメイン設定」、「同SSL設定」について説明します。

「4. WordPressのアドレス変更」と「5. WordPressのデータベースの書き換え」については、以下の記事をご覧ください。

HTTPS対応のWPをサブディレクトリからサブドメインに変更する方法(3)
HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の内、「WordPressのアドレス変更」と「WordPressのデータベースの書き換え」について説明します。

エックスサーバーの.htaccessの変更

旧アドレスであるサブディレクトリ(https://space-ichikawa.com/webtan/)から、新アドレスであるサブドメイン(https://webtan.space-ichikawa.com/)へのリダイレクトを行うために、.htaccessファイルを変更します。

ローカル環境に作成した.htaccessファイルをFTP等で、サーバーにアップロードしても良いのですが、ここでは、エックスサーバーのファイルマネージャにログインして、直接.htaccessファイルを編集します。

なお、エックスサーバーでは、サーバーパネルからドメイン単位で.htaccessファイルを編集する「.htaccess編集」機能が提供されていますが、この機能は、サブドメインには対応していないので、ファイルマネージャから.htaccessファイルの編集を行います。

エックスサーバーでは、.htaccessファイルに以下のような「Redirect permanent」が使えるので、

Redirect permanent 転送元URL 転送先URL

サブディレクトリからサブドメインへの永久的なリダイレクトのために、.htaccessファイルに以下の例のような記述を追加します。

Redirect permanent /webtan/ "https://webtan.space-ichikawa.com/"

ここでの注意点は、記述の最後に「改行」が必要なことです。このため、.htaccessファイルの先頭に記述を追加すると良いと思います。

なお、Apacheのマニュアルを見てみると、

Redirect permanent /webtan https://webtan.space-ichikawa.com

が、推奨されている書き方のようです(どちらの書き方でも、リダイレクトされることを確認しました)。

.htaccessファイルに記述を追加したら、下側の(多分、「保存」の誤記だとおもわれる)「編集」ボタンをクリックして、ファイルを保存します。

Googleで、site:旧URL(具体例は、site:space-ichikawa.com/webtan)で検索すると、旧URLのサイト内のページがリストアップされるので、リンクをクリックして、新アドレスのページにリダイレクトされることを確認します。

まとめ

この記事では、HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の内、「エックスサーバーの.htaccessの変更」について説明しました。