HTTPS対応のWPをサブディレクトリからサブドメインに変更する方法(2)

wordpress
この記事では、HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の内、「WordPressのバックアップ」、「エックスサーバーのサブドメイン設定」、「エックスサーバーのSSL設定」について説明します。

なお、サブドメインに変更する理由については、以下の記事をご覧ください。

再考:サブドメインとサブディレクトリ
以前の記事でHTTPS対応を考えると、サブドメインよりもサブディレクトリの方が良いと書きましたが、状況が変わってきました。

手順の全体像

以下の記事と重複しますが、

HTTPS対応のWPをサブディレクトリからサブドメインに変更する方法(1)
この記事では、HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の全体像を説明します。なお、以下の内容は、エックスサーバーにおける手順です。

HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の全体像は、以下のようになります。

  1. WordPressのバックアップ
  2. エックスサーバーのサブドメイン設定
  3. エックスサーバーのSSL設定
  4. WordPressのアドレス変更
  5. WordPressのデータベースの書き換え
  6. エックスサーバーの.htaccessの変更

この記事では、「1. WordPressのバックアップ」、「2. エックスサーバーのサブドメイン設定」、「3. エックスサーバーのSSL設定」について説明します。

WordPressのバックアップ

BackWPup等により、WordPressのフルバックアップ(データベース、ファイル、プラグイン全てのバックアップ)を行います。

この記事では詳細の説明は行いませんが、何かあってからでは遅いので、BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法 – バズ部等の記事を参照して、WordPressのバックアップ設定を行うことをお勧めします。

エックスサーバーのサブドメイン設定

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、「サブドメイン設定」を行います。

このとき、サブディレクトリの名前とサブドメインの名前に、同じ名前を利用する場合(例えば、https://space-ichikawa.com/webtan/とhttps://webtan.space-ichikawa.com/)、注意が必要です。

エックスサーバーで、例えばwebtanを「サブドメイン設定」すると、サーバー上にwebtanという名前のディレクトリがない場合、webtanディレクトリが新規に作成され、webtanディレクトリ内にindex.htmlとdefault_page.pngが設置されます。

なお、サーバー上にwebtanディレクトリがある場合、調べた範囲では、既存のwebtanディレクトリ内にindex.htmlとdefault_page.pngが設置され、既存のwebtanディレクトリ内の(index.htmlとdefault_page.pngを除く)ファイルやディレクトリは削除されないようです。

ここでは、エックスサーバーのファイルマネージャにログインして、webtanディレクトリの名前を別の名前(ここでは、webtan-a)に変更しておきます(「サブドメイン設定」と「SSL設定」の終了後に、新たに作成されたwebtanディレクトリを削除し、変更したディレクトリの名前(webtan-a)を元の名前(webtan)に戻します)。

なお、ディレクトリの名前を変更している間は、サブディレクトリ上にあるWordPressのページを閲覧できない状態になります(「サブドメイン設定」と「SSL設定」は、5分あれば終了します)。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、「サブドメイン設定」をクリックします。

subdomain-2-1
「サブドメイン設定」では、「サブドメインの追加設定」タブを選択し、以下のように、追加したいサブドメイン(ここでは、webtan)を入力して、「サブドメインの追加(確認)」ボタンをクリックします。

subdomain-2-2
なお、追加したサブドメインは、エックスサーバーでは以下のように書かれていますが、2時間後には設定が反映されてアクセス可能となっていました。

※サブドメインは追加後、サーバーに設定が反映されるまで半日程度かかる場合があります。

エックスサーバーのSSL設定

引き続き、エックスサーバーのサーバーパネルから「SSL設定」を行います。

上記のように、「サブドメイン設定」を行っても、すぐにはサブドメインによるアクセスは行えませんが、「SSL設定」は行えます。

エックスサーバーのサーバーパネルにある「SSL設定」をクリックします。

subdomain-2-3
「SSL設定」では、「独自SSL設定の追加」タブを選択し、以下のように、追加したいサブドメインをプルダウンメニューから選択して、「独自SSL設定を追加する(確認)」ボタンをクリックします。

subdomain-2-4
以上で、「サブドメイン設定」「SSL設定」が終了しましたので、エックスサーバーのサーバーパネルからログアウトします。

エックスサーバーのファイルマネージャに戻って、新たに作成されたディレクトリ(webtan)を削除し、変更したディレクトリの名前(webtan-a)を元の名前(webtan)に戻します。

従来のURL(ここでは、https://space-ichikawa.com/webtan/)で、WordPressのページが閲覧できることを確認します。

問題がなければ、エックスサーバーのファイルマネージャからログアウトします。

なお、追加したSSLに関して、エックスサーバーでは以下のように書かれています。

※独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

数時間後に、追加したサブドメインのURL(ここでは、https://webtan.space-ichikawa.com/とhttps://webtan.space-ichikawa.com/)で、WordPressのページが閲覧できることを確認します。

「サブドメイン設定」「SSL設定」が反映されると、計3種類(従来URLのhttpアクセスをhttpsにリダイレクトしていない場合は、計4種類)のURLでアクセス可能な状態になります。

まとめ

この記事では、HTTPS対応のWordPressをサブディレクトリからサブドメインに変更する手順の内、「WordPressのバックアップ」、「エックスサーバーのサブドメイン設定」、「エックスサーバーのSSL設定」について説明しました。