Contact Form 7の設定検証メッセージへの対処方法

wordpress
WordPressのダッシュボードに現れたContact Form 7のメッセージ「間違った設定があるとメール配送の失敗やその他のトラブルにつながります。コンタクトフォームの設定を検証しましょう。」や、コンタクトフォームの「設定検証が完了しました。問題のあるコンタクトフォームが1個見つかりました。」への対処方法を紹介します。

経緯

「押し花工房 ティラ」のリサさんから「WordPressのダッシュボードに変なメッセージがあるんだけど、…」と連絡を受けて調査を開始しました。

WordPressのダッシュボードを確認すると、以下の図のようなメッセージがありました。

contact-form-7-1

間違った設定があるとメール配送の失敗やその他のトラブルにつながります。コンタクトフォームの設定を検証しましょう。≫ Contact Form 7 の設定を検証する

「Contact Form 7 の設定を検証する(リンク)」をクリックすると、下の図のように「設定検証」ページに移動します。

contact-form-7-2
更に、「1個のコンタクトフォームを検証する」ボタンをクリックすると、下の図のように「コンタクトフォーム」ページに移動し、「設定検証が完了しました。問題のあるコンタクトフォームが1個見つかりました。」という気になるメッセージが表示されました。

contact-form-7-3

対処方法

「コンタクトフォーム1(リンク)」をクリックすると、「コンタクトフォームの編集」ページに移動します。

contact-form-7-4
このページのメッセージ「このコンタクトフォームには、1個の設定エラーがあります。≫ 設定エラーを解消する」の「設定エラーを解消する(リンク)」をクリックすると、「設定エラーを解消する | Contact Form 7 [日本語]」(http://contactform7.com/ja/configuration-errors/)に移動します。

Contact Form 7のページを見ても、良く分からなかったのでグーグルで検索すると、設定エラーの内容が赤字で表示されているようです。

「コンタクトフォームの編集」ページに戻って、「メール」タブを表示させると、下の図のように題名の下に、「この項目はユーザの入力内容によっては空白になり得ます。」と、表示されていました。

contact-form-7-5
同様にグーグルで検索した内容を総合すると、ユーザがメールの題名を入力しなかった場合でも、題名が空白にならないように設定しましょうという事のようです。

ここでは、題名を

[your-subject]

から

お問い合わせ:[your-subject]

に変更して、下側の「保存」ボタンをクリックすると、下の図のように、設定エラーがなくなりました。

contact-form-7-6

まとめ

Contact Form 7は、4.4から設定検証機能が追加され、従来の設定のまま使用していると、設定エラーと表示されるようになりました。

今回は、設定エラー(この項目はユーザの入力内容によっては空白になり得ます。)が表示されて題名を

[your-subject]

から

お問い合わせ:[your-subject]

に変更すると、設定エラーがなくなりました。